大和市の葬儀のノウハウを伝えるサイト

大和市の葬儀のノウハウについて詳しくお伝えします

大和市で心に残る葬儀を行うには

大和市で心に残る葬儀を行うには、インターネットで検索して、各プランや葬儀社を比較検討したうえで、主体的な選択をすることです。人々が主体的な選択をできるようになったのは、つい最近のことです。インターネットの普及によって、可能となりました。インターネットが登場する前は、人々に葬儀事情や業者について知る術はなく、病院の業者や、しがらみからそばにいる業者に誘導されるまま、規模の大きな一般葬に誘導されるのが普通でした。それ以外には道はなかったとも言えます。喪主は近親者を失ったばかりで弱っていますし、他にやることが盛りだくさんの状態です。何の情報もなく、得る術もなく、業者のセールスマンに促される通りにする以外のことができる喪主はそうはいないものです。

せきを切ったように増えた家族葬

インターネットが登場したことで、状況は一変しました。人々はごく短時間で、葬式事情を把握することができるようになり、数多くの業者が365日24時間態勢で待機していることも知るようになりました。選択肢があったことを、そこで初めて知った人も少なくありません。例えば家族葬は、インターネットが登場する以前にも、著名人がとりおこなったという報道が時々聞かれ、その存在を知っていた人はある程度いたでしょうが、おこないたくても、どうすればいいのかまったくわからない状況でした。著名人のような特別な人たちだけが可能なこととイメージされていたようなところがあります。その後、インターネットが普及するにつれ、家族葬はせきを切ったように増え、現在は全体の3割を占めるまでになっています。

故人と遺族の意向のままに選択を

大和市は人口が多く、業者も数多くあります。選択肢が豊富な地域です。そのメリットを生かすには、インターネットを活用して故人と遺族の希望に合うプランや業者を、比較検討し、吟味したうえで、主体的に選択することです。若い世代で急死した場合と天寿をまっとうした場合では、遺族の意向も違ってくるでしょうし、遺族と、わかれば故人の心情最優先で選択するのが何よりです。インターネットが登場する前は、葬式は何かに合わせるための義務感のようなものでおこなわれていた面もありそうですが、現在、人々は選択手段を得たことで、葬式の意義を意識しながら選択するようになっているように見受けられます。しきたりや形式に合わせることで頭が一杯になりそうな葬式よりも、故人を悼むことにだけ意識を傾けたいとする望みが、かなえられる時代になったと言えそうです。